64800

1円をコツコツ集めることで64,800円まで積み重ねることは簡単ではありません。けれども、単位を「円」から「秒」に置き換えると、「64800」は結構簡単に積み重なるものだと気付かされます。これはiPhone Xr(64Gモデル)が教えてくれた教訓です。


TEXT BY SHIGERU KOBAYASHI


スポンサードリンク


私はスマートフォンとしてiPhoneを使っています。所有しているタイプは未だに指紋認証タイプですが、顔認証タイプに変えようかとも思っており、個人的に好きな青色モデルのあるiPhone Xrが自分の中では優勢です。

iPhone Xr…64Gモデルで64,800円。仕事および生活に役立つアプリを使えることを考えれば高いものではないと思いますが、一般的にはポンッと出せる金額ではないと思います。

当然ですが、64,800円=1円×64800です。つまり、1円を64800だけ積み重ねると64,800円になる。塵も積もれば…と古人は言うけれど、1円をコツコツ積み重ねたところで、そんな簡単に64,800円にはならないという感覚が私にはあります。

でも、単位を「円」から「秒」に変えると、64800は結構簡単に積み重なっていることに気付かされます。

毎日の睡眠時間をたとえば6時間とすると、1日の活動時間は18時間。18時間を秒単位に換算すると、1日の活動時間は64800秒になります。つまり、1日の活動時間は、1秒という小さな単位が64800だけ積み重なってできています。

そして、日常の中で毎秒毎秒、価値ある使い方をしているかというと、少なくとも現状、私は出来ていません。どうでもいいことに悩む10秒も、不平不満を言っている100秒もある。最近はそんなことは全くないけれども、学生の時分にはダラダラと休日を過ごし、気付いたら64800秒を使い切ってしまった経験もあります。

勿論、人によって違いますが、毎日の1秒×(10~100)×n回の時間の無駄遣いによって、64800は結構簡単に積み重なっているのではないかと思います。

新モデルの発表に応じて値下がりしたiPhone Xrに対して購入意欲が沸き、手ごろな64Gモデルの価格を見たときに、なんとなく、「秒に置き換えたら何時間になるのか」と思って電卓アプリで計算したら自分の1日の活動時間と同じだった、という偶然。これはもう、いまのタイミングでiPhone Xr(64Gモデル)を買うしかないと勝手にiPhone Xrに縁を感じつつも、超広角カメラも使ってみたいと沸き起こる欲望。ここ数日間、どちらにするかのかと、毎日100秒くらい無駄遣いしています。そして、わたしの場合は、1秒を大切にする意識と併せて、即断即決できる人間になる必要があるのだろうと毎日10秒くらい反省しています。



スポンサードリンク